Self Care Create

セルフケアでハッピーマインドビューティ

セルフケア

醤油 は何からできているの?効果 栄養的特徴とは

投稿日:2018-02-25

 

日本の調味料といえば醤油。

いつも家庭にあるのが当たり前で

お料理にかかせないものとなっていますね。

醤油のない暮らしは日本人では考えられないのでは

ないでしょうか?

なにげなく使っている醤油ですが、

実は歴史のある伝統的調味料であり、

豊富な栄養的特徴と効能があるのです。

 

醤油の歴史

しょうゆのルーツ醤(ひしお)が

縄文時代末頃からあったといわれています。

奈良時代には醤(ひしお)が生産されています。

そして室町時代末期(1530年代)に

調味料として醤油が生産されるようになりました。

こんなに歴史があったとは驚きです!

伝統的調味料といわれる意味が納得ですね。

 

 

醤油は何からできているの?

大豆というのはなんとなく知っていますよね?

蒸した大豆に炒った小麦を混ぜ

麹菌をつけて麹(こうじ)を造り、

木桶に塩水と麹を入れ、発酵熟成させ

絞った液汁が醤油です。

発酵させるまで約1年かかる手間暇が

かかる調味料なのです。

 

醤油の効果と栄養的特徴とは?

発酵食品である醤油。

発酵する過程で働く微生物の酵素が

食材の栄養価と吸収率をアップしてくれます。

食材のでんぷんやタンパク質が分解され、

特有の美味しさやまろやかさを出します。

 

なんと食欲増進作用があります。
しょうゆは食物の味や香りをひきたて、

消化・吸収を助け食欲を増進させるのです。

そう言われてみればお醤油の香ばしさが

あるお料理はパクパク食べてしまいますね!

 

そして殺菌作用があります。

昔から魚や肉をしょうゆに浸して保存する

知恵がありました。

マグロのづけや福神漬けなどが代表例。

食中毒を防ぐ働きもあります。

 

醤油の特徴的な栄養素は、香り成分「フラノン」

フラノンには抗酸化作用があり、

コレステロール値を下げたり、

血液をきれいにします。

「メラノイジン」という、褐色の色素成分。

食品の風味や味わいをアップさせます。

抗酸化作用があり、こちらもコレステロール値を

下げ、血糖値の上昇を抑制します。

 

原料である大豆由来の食物繊維である

「ペクチン」

整腸作用、免疫力のアップ。
便秘や下痢を解消します。

アレルギー症状を抑制する効果もあります。

 

まとめ

お料理にかかせない醤油には意味があるのです。

おいしさだけでなく、効果や栄養を理解して

使うとよりセルフケアに。

醤油がある国、日本の偉大さにも気づけますね。

 

 

 







-セルフケア
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミモザ 春のお花とは? 国際女性デーとは? お花を飾る習慣をはじめよう

  春にはカラフルなお花が咲き始めます。 桜、チューリップ、タンポポなど色鮮やかな お花は気持ちを明るくしてくれますね。 お花がある暮らしは毎日を幸せにしてくれます。 そして、こころが潤うの …

桜 開花 お花見のピンクで美容・健康効果とは? 開花してから散るまでいつまで楽しめるの?

  そろそろ桜が開花してきて春本番。 ふんわりと咲き誇る桜の花はつい眺めてしまいますね。 鮮やかなピンクの桜の花にとても元気をもらえます。 いたるところに桜が見れる春は、なんだか日本中がワク …

りんご 美容・健康効果 医者いらずの効果とは

  りんごを食べないと1日が始まらないほどりんご好きな筆者。 美容・健康効果が高いと聞いてから必ず毎日、朝食に食べています。 シャキシャキ食感がとてもおいしいフルーツですね。 ヨーグルトをか …

オリーブオイルで美容・健康・ダイエット・アンチエイジング・サビない体に

    毎日、お料理するときに使う油について考えたことはありますか?   健康のために油はあまり使わないようにしている方もいるでしょう。   しかし、オリーブオ …

『しあわせの隠れ場所』感動する映画で こころのケア サンドラ•ブロックから学ぶ家族、社会との係わり方

  泣いたり、笑ったり、感動したり 映画の世界には さまざまな感情、ストリーが溢れています。   映画を見ることはセルフケアにつながります。 新たな自分の感情に気づいたり、やりたい …