Self Care Create

セルフケアでハッピーマインドビューティ

セルフケア

ミモザ 春のお花とは? 国際女性デーとは? お花を飾る習慣をはじめよう

投稿日:2018-03-13

 

春にはカラフルなお花が咲き始めます。

桜、チューリップ、タンポポなど色鮮やかな

お花は気持ちを明るくしてくれますね。

お花がある暮らしは毎日を幸せにしてくれます。

そして、こころが潤うので

セルフケアにもつながります。

特別な日だけではなく、日々、自分のために

お花を飾る習慣をはじめてみませんか。

そうすることでこころの変化があり、

いつのまにかセルフケアが

できていることに気づきます。

 

春のお花の中でひときわ鮮やかな黄色で、

ふわふわのお花『ミモザ』

黄金色に輝くお花は世界中で愛されています。

そして、『ミモザ』の日というのがあるのを

知っていますか?

 

ミモザの花とは?

オーストラリア南西部原産。

生長すると4~10mまで育ちます。

開花時期は3~4月。

ポンポンのような房状の黄色い小花が

大量に咲きます。

公園樹、街路樹として使われているので、

名前を知らなくても見かけたことがあるはずです。

甘く優しい香りがあります。

ふわりと残る柔らかい香りなので

香水の原料にも使われています。

色鮮やかな黄色とほのかな良い香りは、春の

訪れを知らせてくれます。

特にヨーロッパでは、愛されている植物。

ミモザサラダやミモザケーキなど、

ミモザのお花のように見せて

デコレーションした食べ物まであります。

 

ミモザの日 『国際女性デー』とは?

「国際女性デー」

というのを知っていますか?

毎年3月8日に設定されています。

女性の自由と平等、地位向上を訴える日。

日本ではまだまだ知られていませんね。

世界ではこの日、男性から女性に感謝の花束を贈ります。

恋人、母親や職場の同僚などにも送るため、

お花屋さんが男性で溢れるとか。

そしてイタリアでは、ミモザの花を贈るため

『ミモザの日』ともいわれます。

小さな男の子も、お母さんにミモザの花を

贈るそう。

 

お花、ミモザを送る日があるこはとてもステキですね。

母の日にカーネーションを送る習慣は

根付いていますが、ミモザの日も、

日本でもぜひ広がってほしい習慣です。

 

お花を送られる女性はとても輝きますし、

お花がある暮らしは、日々を明るくしてくれます。

 

この記事を読んでいる男性のみなさんにはぜひ

覚えておいていただきたい日。

ミモザの日にミモザを女性に届けて

サプライズしてみてください。

 

まとめ

春の訪れミモザ。

鮮やかな黄色で、優しい香りの

ふわふわのお花を、おさんぽの際には

注目してみてください。

春からお花を飾る習慣をはじめて気持ちを

明るくセルフケア。

そして国際女性デーには、男性から

ミモザを送ってもらいたいですね。







-セルフケア,
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柿の豊富な栄養で美容•健康効果 医者いらずのレシピ

  秋の味覚の果物といえば柿。 柿は9月~12月が旬。     オレンジ色が秋を感じさせてくれますし、 ほんのりとした甘さのフルーツで秋に 食べたくなりますね。 &nbs …

りんご 美容・健康効果 医者いらずの効果とは

  りんごを食べないと1日が始まらないほどりんご好きな筆者。 美容・健康効果が高いと聞いてから必ず毎日、朝食に食べています。 シャキシャキ食感がとてもおいしいフルーツですね。 ヨーグルトをか …

オリーブオイルで美容・健康・ダイエット・アンチエイジング・サビない体に

    毎日、お料理するときに使う油について考えたことはありますか?   健康のために油はあまり使わないようにしている方もいるでしょう。   しかし、オリーブオ …

ヨガで毎日健康、美しくなる ・まずはこのポーズからはじめる

毎日、からだが疲れた、イライラしてる と感じるときヨガをお部屋で少しだけはじめます。     10分くらいのプログラムをゆっくり鼻呼吸しながら、頭をクリアにしながらポーズを取ります …

ほうじ茶 鍋 レシピ お茶の香りを楽しみながら ヘルシー鍋

  寒い冬は鍋料理がとても楽しみ。   野菜がたっぷり食べれるし具材や味付けで アレンジできるので飽きることはないですね。   毎日でも食べたいくらいお鍋が大好きな筆者。 …