Self Care Create

セルフケアでハッピーマインドビューティ

セルフケア

オーガニックコットン 布ナプキンの効果・使い方・洗い方

投稿日:2017-10-20

 

布ナプキンを使うようになったきっかけは、

『経皮吸収』という言葉を聞いてから。

 

 

『経皮吸収』とは・・・

私たちが皮膚から身体に物質を取り入れること。

生理中の紙ナプキンには、化学成分が含まれているので、

経皮吸収により、子宮の中にとりこまれるということ。

 

部位による吸収率は、

腕の内側を1と例えると、頭・・3,5倍、背中・・17倍、

そして一番吸収率が高い部位は性器・・42倍!

このことを知ってから、紙ナプキンを使うのが怖くなりました。

 

そして、布ナプキンを探しはじめました 。

しかし、量が多い日は本当に漏れてこないのか?

洗うのがめんどくさそう~

匂わないのかな~

使いこなせるかな~

と、半年くらいは、買うことができないでいました。

 

でも生理がくるたびに、化学成分がからだに入っていくのかなぁ~

と気になってしかたなくて。

 

ついにオーガニックコットンでできている

布ナプキンを見つけて思いきって購入しました。

そして私の生理ライフは一変しました。

オーガニックコットンの肌ざわりの良さにまず感動しました。

とてもふかふかした着け心地で、紙ナプキンをつけたときの

ひんやり感はなく、ふんわり温かさを感じました。

 

そして、生理中のからだの冷えをあまり感じなくなりました。

 

以外と漏れない!

多い日は漏れないかと心配でしたが、経血を通さないシートが

縫い込んである布ナプキンなら大丈夫でした。

 

そして、布ナプキンを汚したくないという気持ちが

働くからか、慣れてくると、

トイレに行ったときに経血も排泄できるようになり、

ナプキンをそんなに汚さなくなりました。

 

思っていたよりも洗うのは簡単でした。

セスキ炭酸ソーダに、数時間浸け置き洗いで汚れが浮いてくるので

そんなに手間がかかりません。

 

生理が急にきたときにナプキンがない~と心配しなくてよい、

買い物にいかなくてもいいので、気持ちが楽になりました。

 

布ナプキンのデザインがカラフルでおしゃれな柄がたくさん

あるので、生理の日にどれを使うか選ぶのが楽しい。

シンプル、ボーダー、フラワーなど揃えていて気分により

選んでいます。

 

毎回経血の状態を見ることができるようになります。

紙ナプキンだとそのままナプキンに吸収されるので、

どれくらいの経血量があるのか分かりづらいですよね?

 

布ナプキンだとトイレで排泄する際に、こんなに

量がでるのかと確認できますし、洗うときも経血の量を

見ることができるので、生きているということを実感できます。

そして、自分を愛おしく感じるようになりますよ。

 

 

まとめ

紙の使い捨てナプキンが主流になったのは、

まだ50年くらい前のことだそう。

昔の人はさらしのような布をあてたり、

脱脂綿を丸めて詰めたりしていました。

 

 

昔の人は経血をトイレで排泄するのが習慣だったのです。

 

普段からお尻の穴や膣の筋肉をぎゅっとしめていれば、

トイレでゆるめて、経血も排泄できます。

それが本来の女性のからだの作用ではないでしょうか。

 

現在では食べ物にしても生活習慣にしても、

昔のスタイルが見直されていますね。

 

それは過剰に作られた物よりも人間本来のからだに

あう物を使うことが結果的に自分のために

なるということ。

 

布ナプキンから本来の女性のからだの作用を

とりもどしてみましょう。

 

繰り返し洗って使うので、ゴミを減らすことができ、

環境にも優しいです。

 

そして自分のからだを守ってくれます。

 

最初は心配だなぁと思う方はおりもの用のミニライナー

布ナプキンから試してみてください。

 

着け心地のよさにとりこになりますよ。

 







-セルフケア
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

春 お肌トラブル 原因は? 紫外線量の強さは?

  暖かくなってきていよいよ春がやってきますね。 花見、バーベキュー、ピクニックなど 外で楽しむことが増えてきますね。   新しい生活が始まり、新たな出会い、始まりの 春はこころは …

節分 恵方巻き 由来 節分の歴史とは

  まだまだ寒いですが2月3日の節分が過ぎると 春がはじまることを意味します。   節分といえば 現在は、“豆まき”や“鬼”よりも「恵方巻き」 を食べる日と定着してきました。 さま …

醤油には種類があった 特徴•違いとは?

  いつもキッチンにある醤油。 日本の食卓には欠かせない発酵調味料。 私たちにとって最も身近な調味料ですね。 そんな食材の旨味を引き出し、栄養価も アップさせる醤油。 醤油 は何からできてい …

お湯を飲むだけ 白湯の健康・美肌・ダイエット効果がすごい

    今からすぐにはじめることができる 誰でもできるセルフケアとは 白湯(さゆ)   お水を沸かした「お湯」のことです。 特に材料を必要とせず、水道水から簡単に作れるの …

ぬか漬けの健康•美容効果 菌活ライフとは

    野菜の栄養価とおいしさをアップさするぬか漬け。 日本の伝統食ですね。 なんと奈良時代から作られていました。 歴史もあるぬか漬けですが美容•健康効果が 高い発酵食品の一つ。 …